自己紹介

 はじめまして。「こんこん」と申します。こちらでは、ごくごく簡単な自己紹介とサイト名の由来の説明をしてみようと思います。本サイトのプライバシーポリシーはこちらになります。

私の「自己紹介」

 私は「哲学徒」です。お金を稼ぐ活動としては、現在、大学受験向けの自習中心型学習塾の運営をしています。

 ここに至るまでにはいろいろと紆余曲折がありましたし、おそらくここが自分の人生の終着点でもないのだろうとも思っています。それ以前は大学・大学院で10年ほど哲学等々を研究し、その後は半年ほどですが、いわゆるITベンチャー企業にてサラリーマンも経験しました。

 塾の運営は日々楽しく、少なくとも自分にとって——願わくば生徒にとっても——有意義な仕方で行なっていますが、それだけでは、この人生、飽き足らないのも事実です。「哲学」が闢く「無限大な夢」のあとでは、この世の中はほとんど本当に「何もない」ようにも感じられます。

 やはり、もう一度、「無限大な夢」を見たい、「私」として、「世界全体」と向かい合わせになり、それと取っ組み合いたい。つまり、何らかの意味で「哲学(のようなもの)」を継続したい。

 そのために、まずは20代の思考を整理し直し、30代なりの再出発を組織したい。自分の30代の思考がどんな形になるのか、いまだに想像できないにせよ-。

 それが、このサイトを開設した一番大きな理由です。日々の仕事の中に埋没しきってしまわないこと、思考することを通じて、世界そのものと向き合い続けること。ですから、このサイトでは、以前に書いたものを再編集して掲載していくと同時に、現在進行形で様々なことを思考していきたいと、思っています。

 要するに、もう少し夢を見たいから「後五分だけ寝かせて!」というわけです。その意味で本サイトは「哲学徒」である私の、いわば一つの「二度寝」のかたち、なのです。

サイト名「概念を孕むこと」と「こんこん」という名の由来

 続いて、この「こんこん」という、何がしかふざけたペンネームについてお話しすることにします。この名前にはそれなりの意味があり、本サイトの名前にもなっている「概念を孕むこと」の英語表記、”Conception of Concepts”から、二つの「Con」をとったものとなっています。

 ここからも明らかな通り、「こんこん」という名前、そして「概念を孕むこと」というサイト名自身が、英語において「concept(概念)」と「conception(妊娠)」が同じ語源を持つことの興味深さに因んでいるわけですが、決定的なことは、この「Conception of Concepts」という言葉が、私にとって何がしか目標のようなものとしての意味を持っていることです。

 「概念を孕むこと」とは、無限の事象を「一挙に-つかむ(con-ceive)」ような「概念(concept)」を、「完全に-抱きかかえる(con-ceive)」、つまり「受胎(conception)」することなのです。やはり「哲学徒(のようなもの)」ですから、そんな風に生きていければいいなと思うのです。概念が着床し生い育つ場として生きるということ。

 そしてさらに、この名を「こんこん」とひらがな表記にすることで、そこには日本語のさまざまな副詞の意味が重ねられます。

 「こんこん」と語る、「こんこん」と降る雪、「こんこん」と湧く泉…。これらの副詞の意味が重なり合うようなあり方で生きるということ。そこに何がしか、私の生きていきたいあり方が、あるように思われるのです。

Scroll Up